衛生委員会

衛生委員会の進め方、運営方法は?担当者の悩みをすぐ解決!

衛生委員会の進め方、運営方法は?担当者の悩みをすぐ解決!

この記事は3分で読めます

50名以上の従業員を抱える事業場では、毎月1回以上の開催が義務となっている衛生委員会。
ドクタートラストにいただくお問い合わせの中でも、衛生委員会に関するご相談は結構多く、具体的には以下のようなことを尋ねられます。

● 毎月の開催ともなると、毎回テーマの選定に悩む
● 内容がマンネリ化してきた、もう少し活性化したい
● 委員会メンバーを一新したため、運営・進行がうまくできず、進め方がわからない
● 他社ではどのような進め方をしているの?

法令で定められているため、毎月の実施自体は行っているものの、その具体的な運営方法・進め方についてお悩みの企業が多いようです。
確かに、他社の様子を知る機会はなかなかないですし、不安になりますよね。
そこで今回は、運営・進め方の具体例をご紹介します。

1.前回議事の確認・報告

まずは前回議題の振り返りを行いましょう。
各種審議事項の進捗度合いや見通しが共有できます。
また、議題内容によっては月に1回(以上)開催していても、その回限りで解決・決定しないものもあるかと思います。
その場合、経過を確認し、必要に応じて方針・進め方を軌道修正しながら衛生管理の構築が行えると、担当者個人が抱えることなく、より良い意見を取り入れることができます。
PDCAサイクルに基づいて考えると、スムーズにいきます。
衛生委員会の中でもぜひ活用してみてください。

2.イベント等の周知

定期健康診断、ストレスチェック、防災訓練、インフルエンザ予防接種等、安全・衛生に関わるイベントは年間を通して決まっていると思います。
特に、健康診断やストレスチェックは、適切な受診方法・受検方法の知識が不足していると、検査結果や受診率、受検率にも影響を及ぼしかねません。
そこで、各種イベントの趣旨や注意事項、実施方法については、実際の実施時期より少し早めに従業員へ通知できるよう、例年の傾向を振り返りながら話し合いいただくことをお勧めします。

<具体的な例>
・ 健康診断:昨年未受診者が多かった⇒未受診の理由は? 特定の部署に偏っている場合は、業務の調整が必要では?
・ ストレスチェック:受検率の低かった部署は? 受検率を向上させるために何ができるか?
・ インフルエンザ予防接種:いつから呼びかけを行うか。会社から予防接種代の補助をする場合は、その手続きの周知方法

3.各種報告

毎月の報告事項として一般的に多いのは以下内容です。

○ 労災/通勤災害状況
○ 長時間勤務者状況(該当人数、部署、産業医面談実施状況など)
○ 職場巡視の結果報告
○ ストレスチェックの受検状況・進捗、健康診断の受診状況

上記の報告については、すでに多くの企業で盛り込まれている事項かと思います。
ただし、ここでポイントとなるのは、単なる結果報告のみで終わらせないことです。
長時間労働対策や労災防止のためには、「なぜ発生したのか」原因・背景についても掘り下げ、検討する必要があります。
結果だけを見て「次からは改善しましょう」ではなく、「どこに、何に」気を付けたら同じ状況を起こさず済むのか。
じっくり話し合ってみると、意外と今まで気付かなったことが見えてくるかもしれません。

4.審議事項

こちらは各企業でテーマのあがる部分かと思います。

<審議事項の例>
・ 防災備蓄を見直したい
・ インフルエンザ流行シーズンに向けての社内対策
・ 社内の喫煙対策

日頃従業員からあがっている声を集約しても良いですし、季節性で流行・発生する感染症や熱中症対策については、毎年決まった時期に盛り込んでもよいでしょう。

テーマにお困りの場合は、こちらもぜひご参考ください。

・ 衛生委員会ハンドブック:衛生委員会でそのまま使えるテーマ資料を無料でDLできます(登録不要)
・ ドクタートラストニュース:衛生委員会の最新テーマ資料を、メールマガジン形式でお送りします(登録無料)

保健師が作成した衛生委員会資料を無料でお届けします

5.次回の議題検討

年間でテーマ設定を行っていない場合は、次回の議題をここで検討します。
事前に検討事項がわかっていると、意見の集約や情報収集など前もって準備ができますね。

以上、一般的な衛生委員会の進め方についてご紹介させていただきました。
1~5については、同席の産業医にも積極的に意見を求め、施策や衛生管理について専門的立場からの見解・指導を仰ぐようにしましょう。

保健師による衛生管理体制構築のサポート

ドクタートラストでは、衛生管理体制構築のための各種保健師サービスをご用意しております。

● 開設支援サービス:産業医を選任したばかりで、衛生委員会の立ち上げが初めての企業向け。委員会メンバーの選任から運営、議事録作成のアドバイスまでレクチャーをいたします。また、ドクタートラストオリジナルの各種雛型も提供します。
● 運営支援サービス:「衛生委員会は開催しているが、運営がうまくできていない」「形骸化している」といった企業様向けに、実際の衛生委員会へ同席し、アドバイスをさせていただきます。委員の入れ替え等により不明点がある場合も、衛生委員会の目的や進行例などレクチャーが可能です。

この記事を書いた人

さんぽみち編集部

さんぽみち編集部

産業医業界トップクラスの株式会社ドクタートラストが運営中。
衛生委員会や産業保健について、初めての人にもわかりやすく、ていねいにを心掛けて最新情報をお届けいます!