産業医

産業医は会社の味方?それとも従業員の味方?

産業医は会社の味方?それとも従業員の味方?

この記事は6分で読めます

産業医は会社の味方という印象がありませんか。
実際、外部相談窓口をご利用いただく方の中には、産業医は社員の敵であると考えてしまう方もいらっしゃいます。
今回は、産業医は本当に会社の味方なのか、産業医の立ち位置について考えてみましょう。

そもそも産業医って何する人?

産業医という言葉はよく知られていますが、具体的に何をする人なのかイメージが沸かないという方もいるのではないでしょうか。
まずは、産業医の定義や業務内容を見てみましょう。

<産業医の定義>
産業医とは、事業場において従業員が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、産業保健の理念や労働衛生分野に精通した立場から指導・助言を行う医師のことです。
会社で働く従業員の健康管理を第一線で支える専門職ということですね。

具体的に、次のような業務を通して従業員の健康を支えます。
その内容は、実に多岐にわたりますね。

<産業医の業務例>
・健康診断の実施、その結果に基づいた対処
・長時間労働者に対する面接指導、その結果に基づいた対処
・ストレスチェックにおける高ストレス者への面接指導など
・作業環境の維持や管理
・労働者の健康障害の原因の調査、再発防止のための対処
・衛生教育
・職場巡視
・衛生委員会への参加
・長時間労働者に関する情報の把握

産業医は会社の味方?それとも従業員の味方?

今回の本題が、こちらです。産業医は、会社と従業員、どちらの味方だと思いますか?

産業医は会社との契約により設置されるため、従業員の中には会社と産業医が懇意にしているだろうと訝る方もいらっしゃいます。
しかし、産業医は誰かの味方ではなく、会社・従業員双方にとって有効なアドバイスをしてくれる存在です。

会社にとっては、産業医がいることで従業員の健康管理が整備され、安全配慮義務を建設的に遂行する好機となります。
一方、人間であれば誰でも健康不良の可能性は秘めているため、従業員にとってはそのような不安を医学的にフォローしてくれる心強い存在となるでしょう。

産業医は医学を極めた専門職です。会社の味方をするわけではなく、人が健康であり続けるように関わることを使命とします。会社が健康的な労働力を維持できるよう、専門的見地から関わる産業医の役割を、しっかりと理解することが大切ですね。

産業医面談をすすめられた!デメリットはある?

産業医面談は従業員が不安を持つことも多く、次のようなデメリットがあると考えられます。

①面談時間が限られる

産業医面談では、当該従業員の体調や悩みなどを話します。
それに応じて、産業医が不調への対処を助言したり、就労上の課題を見出したりしますが、多くの産業医面談が、20-30分程度です。
一般的なカウンセリングのように1時間ほどの時間をかけることは難しいものです。

②産業医面談の実施事態を秘匿にすることができない

産業医面談の申し出時は、衛生管理者やストレスチェックの実施事務従事者など、特定の方へその意思を伝える必要があります。
会社にすべてを秘匿にすることができませんので、個人情報の取扱いに対して不安を持つ従業員は少なくありません。

③頻回な面談が難しい

外部医療機関の医師は患者が希望したときに会うことができますが、産業医面談の多くは月一度程であり、予約制です。
次回面談までの従業員フォローは、会社が中心となって取り組みます。

産業医と医者との違いは?

最後に、産業医と外部医療機関に属する医者との違いを確認しましょう。
産業医と医者は同じ資格を持つ医師ではあるものの、その職務には次のような違いがあります。

外部医療機関に属する医者(病院や診療所等に所属)

・診察、処方、検査を通して患者の状態を観察し、適切な治療を提供する
・患者と治療契約を行う
・保険診療から収入を得る
・不調となった人の対処を行う

産業医(会社へ派遣される)

・診察、処方、検査は行わず、会話を通して従業員の健康状態を把握する
・会社と契約を行う
・会社より収入を得る
・不調となった人のみならず、不調の予防段階で介入できる

 

人は人と言葉を交わすだけで気持ちの整理ができたり、新たな考えに出会ったりすることができます。
産業医は、診察等の医療行為は行いませんが、会話を通して従業員の心身の健康管理に臨む存在なのです。

産業医の役割についてはこちらもご参照くださいませ。

ドクタートラスト「産業医とは」

まとめ

「産業医は会社の味方なの?」と疑問を持つ方もいるかもしれません。しかし、産業医は、従業員が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるように適切な指導やアドバイスを行うのが役割です。会社の味方、従事者の味方ということではなく、その役割を十分に理解して、積極的に活用することが大切です。
「さんぽみち」運営元のドクタートラストは、産業医の選任実績数全国一を誇りますので、これまでに深めた知見を最大限に活かし、会社の皆さまに最適な健康経営をご提案してまいります。
些細なことでも構いませんので、お問い合わせをお待ちしております。

サービス詳細はこちらをご覧ください
お問合わせはこちらから
導入事例を見る

この記事を書いた人

精神保健福祉士 八島

精神保健福祉士 八島

精神保健福祉士として精神科医療や障害者福祉に携わり、たくさんの医師や看護師、諸先輩方から臨床を教わってきました。